肝障害の殆どはウイルス性って知ってました?

現在、あとで述べる脂肪肝を除く日本人の肝臓病の約80%は、肝炎ウイルスによるものです。
肝炎ウイルスは現在、A型、B型、C型、D型、E型、G型の6種類が確認されており、それぞ
れが異なった性格や特徴をもっています。ただ日本ではD型、E型、G型はまれで、ほとんどがA型、B型、C型です。
これらのウイルスに感染し、持続的にウイルスをもっている人をキャリアといい、全国に
400万人以上いると推定されています。キャリアのだれもが必ずウイルス性肝炎を発症するわけではありませんが、自分がキャリアかどうか認識しておくことも大切です。

ウイルス性肝炎は、急性肝炎と慢性肝炎に分かれます。なんらかの肝炎ウイルスに感染すると、ウイルスは肝臓に棲息しながら、活動する機会を伺っています。これを潜伏期といいます。
そして、いよいよウイルスが活動し始め、肝細胞を破壊し始めると、肝臓はウイルスを排除するために、免疫反応を起こしてウイルスとの戦いを開始します。これが急性肝炎です。
症状は、どの型のウイルス性肝炎もほぼ同様で、たとえば、かぜに似た症状、倦怠感、食欲不振などがでてきます。
これに対して、ウイルスの活動が6か月以上続く状態を慢性肝炎といい、B型やC型肝炎ウイルスが原因になっています。
慢性肝炎の初期は、自覚症状をほとんど感じない人も多く、肝炎が治ったと勘違いする人もいますが、長い年月をかけて確実に肝臓を傷めていくケースもあるので注意が必要です。